• お問い合わせ・資料請求
  • 資料ダウンロード
  • HOME
  • お知らせ
  • 【FAAマガジン/2021年4月号】社員インタビュー② 営業一課 山野晃平さん(後編)

【FAAマガジン/2021年4月号】社員インタビュー② 営業一課 山野晃平さん(後編)

更新

【営業一課(本社) 山野晃平さん】(後編)

 

今回の社員インタビューは入社3年目の山野さん(営業一課)へのインタビューの後編です。

前編では仕事のお話を中心にお届けしましたが、後編ではプライベートなお話中心にお届けします!

(インタビュアー:大友

 

社員インタビュー(山野:後編②)

 

大友:「ありがとうございます。ここからは少しプライベートな質問もしてみたいと思います。現在の趣味は何ですか?」

 

山野:「趣味という趣味はないのですが、買い物が趣味です。どういうものを買うか事前にいろいろ調べるのが好きで、買うまでの過程が楽しいという感じですね。」

 

大友:「買い物ですか。最近、購入した大きな買い物は何かありますか?」

 

山野:「冷蔵庫を買いました。自分としてはかなり高額な冷蔵庫を買いました。最近は海外メーカーの安い冷蔵庫もありますが、国内メーカーの商品で、冷凍した肉や魚がそのまま包丁で切れるという機能が気になって、他のメーカーにはない機能だったので思い切ってその冷蔵庫を買いました。」

 

大友:「冷凍しているのに切れるってすごい機能ですね!」

 

山野:「安い冷蔵庫はたくさんありますが、いろいろ悩んで、付加価値の高い国内メーカーのものを買いました。」

 

大友:「さすが、家電へのこだわりを感じますね(笑)。次の質問です。今までを振り返り、社会人になって成長したなと感じるところはありますか?」

 

社員インタビュー(山野:後編①)

 

山野:「自分ではどのくらい成長できたのか、あまり実感がないのが正直なところですね。ただ、学生の頃よりも社会に目を向けるようになったと思います。以前よりもニュースを見たり、業界の動向などは気にするようになりました。お客様との会話のきっかけにもなるので、普段から新聞やニュースに触れる機会は増えました。」

 

大友:「社会人になって失敗したなと思うことはありますか?」

 

山野:「失敗はいろいろありますが、その中でも入社したばかりの頃にお客様とのアポイントを忘れてしまったことがありました。自分でとったアポイントでしたが、メモをとったつもりでメモ帳に書いていなかったんです。自分ではアポイントをとったことも忘れていたので、後日同じお客様に普段の感じでアポイントの電話をしたら、「前のアポイントの時に、来ませんでしたよね」と言われ、真っ青になりました。そのあとすぐに謝りに行きました。怒られて当然ですが、お客様からは逆に温かい言葉をかけていただき、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。」

 

大友:「逆に社会人になって成功したなと思うことは何ですか?」

 

山野:「成功というと大げさですが、ほとんどお取引がないお客様との取引を再開できたことです。何度も通って、会社のPRをしてアネックスのことを認知して頂き、私の提案を採用してもらい、今では毎月継続したお取引をしていただく様になりました。」

 

大友:「すばらしい成果ですね。それでは次の質問ですが、仕事を通して大切にしていることはありますか?」

 

山野:「新人の頃から一緒なのですが、身だしなみです。誰でもできることですが、誰でもできるからこそ、重要だと考えています。一番目に見えてできることだと思うので、新人の頃から、何もできなくてもそこだけはちゃんとしようと思っています。」

 

大友:「ありがとうございます。それでは最後の質問ですが、今後の目標を教えてください。」

 

山野:「お客様からいつでもご相談してらえるような存在になりたいです。こちらからお客様にご提案させていただく際、まだまだ経験が足りなく、初対面のお客様などに対する提案の引き出しが少ないと自分では感じています。お客様から信頼して頂き、何でもご相談していただけるよう、もっと成長したいと思っています。」

 

大友:「ありがとうございます。山野さん、本日はありがとうございました。」

 

山野:「ありがとうございました。」

 

 

次回もお楽しみ!!

PAGETOP